むくみ、美肌、小顔は栄養からアプローチできる?

先日の日曜日は1時間ほどかけて愛西市まで行って栄養の勉強をしてきました。

わたしたちの体は何から出来ているかというと、食べたり飲んだりと口に入れる食べ物(栄養)から出来ていますので、食べ物(栄養)の知識も必要ですよね。

イベントの中に栄養のコーナーやスムージーの試飲があったりしたので、堅苦しいセミナーではなくて楽しみながら学べる内容でした。

そこで肌の診断を機械でしてくれるコーナーがあったので診断をお願いしたところ結果は・・・

水分がやや不足気味の肌のようでした。

夏ですから水分補給もしっかりしないといけませんね。

生の魚と干物の例えで、どちらが早く焼けるかという話をしてくれたのですが、これはもちろん水分が少ない干物のほうが早く火が通って焼けます。

これを肌に戻すと、乾燥した肌は日光に当るとより乾燥して日焼けやシミの原因になります。

日ごろの水分補給や肌のケア(わたしも化粧水、乳液、日焼け止めはしています)は大事だとあらためて思わされました。

今日のテーマの「むくみ、美肌、小顔」には体の内と外からのケアが必要で、水分補給と肌のケアに加えてもうひとつ栄養がカギになります。

イベントのスタッフ女性が何人も栄養を入れる前後の写真を見せてくれましたが、みなさん栄養をいれて小顔のスッキリとした美肌になっていました。

むくみが取れれば小顔になれますから、ゴリゴリするような小顔矯正は不要ですね。

水分と栄養を取り入れてリンパを流すやさしいリンパマッサージの方が効果があります。

正しい知識があればあなたも小顔を手に入れられますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)