お盆に思うこと

お盆の期間はお休みのはずでしたが、

どうしてもということで渋滞覚悟で滋賀県より来院された方がいました。

お帰りはやはり渋滞したそうですが満足していただいてなによりでした。

お手土産をいただきまして、ありがとうございます^^

8月15日は終戦の日ということで、何か特別なことはしなくても日本が大きく変わった節目の日ですから、振り返ってみるのも必要かもしれません。

ちょうどアニメ映画で広島(呉)を舞台にしたものをネットで観ることができました。

戦争の悲惨さや主人公(すず)のたくましさにも心を打たれます。

亡くなった僕の祖母も同じすずさんだったので、この時代を生きていたのだと再確認できました。

貧しくて食べるものなど少なくても、お互いに助け合う思いやりのある心が豊かな時代でもあったようです。

いくら今のように物が豊富で便利になっても人は一人では生きていけないし、これからは薄くなった人と人の絆を強くすることが心を豊かにするために必要だと感じます。

今日もありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)