瞑想は心を穏やかに安定させ健康や生命維持にもなる

心配していたタイの洞窟遭難事故は、サッカー少年12人とコーチの計13人が無事に救出されたそうで安心しました。

2週間以上も閉じ込められて救出も難航していたので、少年たちのストレスもかなりなものだったと思います。(発見当時は瞑想をして救助を待っていたそうです)

伝わってくるニュースによると、サッカーコーチは元僧侶で洞窟内で少年たちに瞑想の指導をしていました。

生きて帰れるか不安になるのも当然な状況の中、悲観的な思いは精神だけでなく肉体にも衰弱などダメージを与えてしまいます。

潜水競技のダイバーがヨガや瞑想するように極限の場面ではもちろんですが、過去の記憶や未だ起きていない未来に心配しない今に心を留める瞑想が役にたったようです。

日常の出来事や人間関係などストレスはさまざまあると思いますが、自分の思いに振り回されてしまうようなら瞑想でうまくやり過ごす術を手に入れてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)