激しい肩の痛みは40~50代女性に多い石灰性腱炎かも

こんにちは。
整体トレーナーの日比です。

肩の痛みの原因の一つに、肩の骨にカルシウム(石灰)が沈着してしまうものがあります。

肩甲骨の周りにある腱板にカルシウムが付着してくると、急な痛みを感じて肩や腕を動かせなくなってしまいます。

カルシウムが貯まる原因は分かっていませんが、40~50代の女性に多い症状のようです。

女優の石田ゆり子さんもこの痛みに悩まされたというニュースが以前ありました。

五十肩(肩関節周囲炎)と症状が似ていますが画像でカルシウムが見つかれば、薬で炎症を沈めたり手術で取り出すなど適切な処置をしてもらえるでしょう。

再発の予防には肩や肩甲骨周りを動かしストレッチするのがおすすめです。

残念ながら病院では運動してくださいと言われるだけで正しいやり方は教えてもらえません。

痛みが残って腕が上がらなくてもできる運動がありますので、お困りの方はご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)